16/07/2024

在宅ケアの仕事に就きたい人へのアドバイス

介護士としてのキャリアを考えたとき、訪問介護と介護施設どちらで働くか迷った時に考えるべきポイントが数点あります。
まず考えたいのが、自分の働き方に合っているかどうかです。
訪問介護は利用者の家を訪れてサポートを行うため、移動に時間がかかりることがあります。
一方、介護施設では施設内で働くため移動は少ないですが、多くの利用者と接するため、人との関わりが多くなります。
自分がどちらのスタイルを好むか、どちらに適していると感じるかを考えてみるといいでしょう。
次に、どんな介護サービスに関わりたいかを考えます。
訪問介護では、利用者一人ひとりの自宅でその人に合わせた細やかなサポートを行います。
その一方で、介護施設では多くの利用者と接しますが、その分多様なニーズに対応するスキルが求められることもあります。
自分が持っているスキルや、これから伸ばしていきたい能力に合った場所を選ぶことが大切です。
そして、将来のキャリアを考えることも重要です。
訪問介護では、自立支援の観点から利用者さんのサポートを考える力が養われ、個々のニーズに柔軟に対応する能力が身につきます。
一方、介護施設ではチームでの連携が求められるため、チームワークやコミュニケーションスキルが磨かれます。
自分が将来どのようなスキルを身につけ、どのようなキャリアを築きたいかによっても選択が変わってくるでしょう。
ほかには、自分のライフスタイルに合った働き方ができるかもポイントです。
訪問介護は比較的自由なシフト制を採用している場合が多く、プライベートな時間を大切にしたい人に適しているかもしれません。
介護施設の場合は、フト制ですが夜勤があるため、安定して働きたい人や夜勤でしっかり稼ぎたい人に向いています。
それぞれの環境で活躍できる介護士が必要とされていますので、自分にとってベストな選択をしてください。