03/12/2020

在宅ケアの仕事に就きたい人へのアドバイス

高齢化社会が問題になっている日本では、介護従事者が働けるフィールドは幅広く、介護施設以外にも活躍の場はあります。
その1つが、訪問介護事業所です。

訪問介護の仕事は、介護が必要な人の自宅を訪問し、生活援助や身体介護など、日常的なお世話をします。
この仕事の特徴は、昼間だけ短時間で働いたり、朝から夕方までのフルタイムで活躍することが可能であり、ワークライフバランスを保ちやすい点です。
仕事自体は、介護施設とさほど変わらないかもしれませんが、介護が必要な人の自宅で仕事をするため、基本的には一人で生活のサポートをしなければなりません。
施設で働くときには、何か困ったことがあれば先輩に助けてもらえますが、訪問介護の場合はそれが難しいので、高い介護スキルが求められることも多いでしょう。
そのため、あまり介護の経験がない場合は、上手く対処できない可能性もあるので、できれば介護施設でしっかりと経験を積んだり、資格を取得したりしてから訪問介護の仕事に就くことをおすすめします。

介護のスキルが高ければ、一人で介護するときも戸惑うことなく、さまざまな問題にも柔軟に対処できます。
また、スムーズに生活支援ができれば、介護を受けている人も安心感があり、円滑にコミュニケーションを取れるようになります。
訪問介護では、介護を受けている人と良い関係を築くことが大事です。
したがって、訪問介護の事業所で働く際には、まずは一人ですべての介護をそつなくこなせるようになることがポイントになります。
これらのことを含め、訪問介護の仕事に就くために準備しておきたいことは、こちらにも詳しく書かれているので、併せて読んでおくことをおすすめします。